見た目が綺麗な風俗は良い説

天気によって風俗にするか考える

天気によって風俗にするかどうかを考えるんですよね。風俗っていつでも楽しめるものですけど、自分の気持ちの問題もあるじゃないですか。自分の気持ちが盛り上がっている時にこそ利用するものだと思うんですけど、特に大切になってくるのは自分の中では天気なんですよ(笑)特に天気が悪い時ですね。天気が悪ければ悪いほど、風俗気分が盛り上がるんですよ。不思議なものですけど、天気が悪いとそれだけでいろんな気持ちになるんですよね。例えばですけど、まず他にどこかに移行って気持ちにならないじゃないですか。これだけ天気が悪いなら真っすぐに家に帰ろうって気持ちになりやすいんですけど、風俗だけは別ですね。屋内で楽しめるのもありますけど、駅に近い場所にホテルがあれば天気とか関係なくなるじゃないですか。だから天気の悪い時には、天気が悪くても支障をきたすことのないサービスってことで、風俗を楽しもうかなって気持ちが相対的に高まるんじゃないかなって。

疲労もまた、心地良いですしね

適度な疲れって心地良いじゃないですか。激しく疲れると全然心地よくないどころか、むしろ苦痛だと思うんです。でも適度に疲れるくらいだと心地良さを覚えますよね。風俗もそうですよね。いくら風俗でもある程度は体力を使いますけど、決して重労働って程じゃないですし、本当に軽く消費する程度。でも、その軽さのおかげで適度な心地良さに襲われますよね。風俗で抜いた後に眠気がやってくるのはきっとそのせいなんじゃないかなって睨んでいるんですけど、あの適度な疲労感こそ、ある意味で最高のものなんじゃないかなって思うんですよね。行為そのものも楽しいのが風俗ですけど、決してそれだけではないとも思うんです。むしろそれが何よりも自分に大きなメリットをもたらしてくれる部分だと思うので、風俗を楽しむ時には自分自身、適度に疲れられるのかどうかという点をテーマにして楽しませてもらっているんですよ。それが何気に面白かったりするんですよね。